更新履歴 [2018年12月16日]「正規表現のサンプル集」を追加。

トップページ > サイト作成 > テストサーバ構築 > CGI「PHP」をWindowsにインストールする

CGI「PHP」をWindowsにインストールする

CGIの代表的な種類として、「PHP」が挙げられます。
「PHP」は無料で配布されており、UNIX版、Windows版など対応するOSも多いのが特長です。
ここでは、Windows版のインストール方法を説明します。

ソフトのダウンロードを行います。

->PHPサイト

PHPサイト

バージョンは日々更新されます。

Windows版「php-5.0.5-Win32.zip」(バージョン:5.0.5)を利用します。

「php-5.0.5-Win32.zip」を解凍し、解凍されたフォルダ名を「php」にします。

「php」フォルダを"c:/usr/"に移動させます。

※"c:/usr/"はWebサーバ「Apache」インストール時に作成しています。

「php」フォルダ内、「php.ini-dist」の名前を「php.ini」に変更します。

以下の各所を変更します。

;extension_dir = "./"
extension_dir = C:\usr\php\ext

;mbstring.language = Japanese のコメントアウトを削除

;mbstring.internal_encoding = EUC-JP のコメントアウトを削除

;mbstring.http_output = SJIS のコメントアウトを削除

コマンドプロンプトで"バージョン確認"が動作するかチェックします。

C:\usr\php>php -i

Webサーバ「Apache」でPHPが動作するように「http.conf」を修正します。

LoadModule php5_module C:/usr/php/php5apache2.dll を追記

DirectoryIndex に index.php を追記

AddType application/x-httpd-php .php を追記
AddType application/x-httpd-php-source .phps を追記

変更した設定を有効にするために「Apache」を再起動します。

実際にPHPファイルを用意してブラウザ上から確認します。

以下の一文をテキストファイルに記入して「info.php」という名前で保存します。

<? phpinfo(); ?>

サイトデータ設置場所に「info.php」を設置して、ブラウザで確認します。

※"d:/home/info.php"にあるなら、「http://localhost/info.php」

確認画面

  • 仮想OS (5)
  • SQL (3)
  • 基礎知識 (2)
  • JavaScript (1)
  • Movable Type (1)