更新履歴 [2019年02月23日]「内部結合(INNER JOIN)と外部結合(LEFT/RIGHT JOIN)の違い」を追加。

トップページ > サイト作成 > 作成ソフト > アクセシビリティ拡張機能 -Dreamweaver-

アクセシビリティ拡張機能 -Dreamweaver-

「Dreamweaver MX2004」にはJIS対応のアクセシビリティチェックを行うことができます。
チェック項目はJIS X8341-3:2004に対応したで、これは高齢者・障害者および一時的に障害のある人がWebサイトを利用できるようにするためのガイドラインです。
アクセシビリティチェックの機能を追加するには、プラグインをインストールすることで利用可能になります。

「Dreamweaver」の公式サイトより、プラグインをダウンロードします。

Dreamweaverサイト

->プラグインダウンロードサイトへ

ダウンロードしたファイルは圧縮されているため解凍ソフトで展開し、ファイルをダブルクリックするだけでインストール完了です。
※インストールには、Dreamweaverインストール時に同時にインストールされた「Extension Manager」を使用します。

プラグインファイル

インストールが完了すると、下図のように説明文が表示されます。

Extension Manager

「Dreamweaver」を起動し、メニューの「サイト」→「レポート」→「サイトレポート」を選択します。
下図の緑色の右向き三角アイコンを押します。

操作方法

チェック対象のコンテンツ、そのコンテンツのチェック項目を選択して「実行」します。

チェック項目の設定

チェックの結果がウィンドウに表示されます。
問題がある場合結、「×(要修正)」あるいは「?(要チェック)」のどちらかが表示されます。「×(要修正)」は、明らかに問題があり修正を行う必要があることを示し、「?(要チェック)」は、ツールでは自動的に判断できないので自分で問題の有無をチェックする必要があることを示します。それぞれの問題箇所を選択すると、Dreamweaverの編集画面で該当箇所を確認することができます。

チェック結果

  • Movable Type (6)
  • 仮想OS (5)
  • SQL (3)
  • 基礎知識 (3)
  • JavaScript (1)