更新履歴 [2019年08月11日]「Photoshop で塗りの色を変更する」を追加。

トップページ > ソフトウェアの操作 > Photoshop で塗りの色を変更する

Photoshop で塗りの色を変更する

「Photoshop」でキャンパスに配置した図形や読み込んだ画像の塗りの色を変更する場合の手順を紹介します。

Photoshop が起動したら色を変えたい画像を読み込みます。
この場合、色と色の境界がくっきりしているほど色の変換がスムーズになります。
また、Photoshop 上で図形を配置した場合は、「ウィンドウ -> レイヤー」を開いて図形を配置したレイヤーを右クリックして「レイヤーをラスタライズ」を選択して編集可能な状態にしておきます。
下図は画像を読み込んだ状態です。

画像の読み込み

塗りの色を変更するために「ウィンドウ -> ツール」を開いてバケツ型の「塗りつぶしツール」を選択します。
次いで、「ウィンドウ -> カラー」を開いて変更後の色を指定します。
色の指定は RGB で値を入力する他、選択されている色をクリックするとカラーピッカーが表示されるのでマウス操作で色を指定します。

塗りつぶしツールを選択

変更後の色を指定できれば、色を変えたい箇所をクリックすると色が変わります。

塗りの色変更後