タグ「Excel」が付けられているもの

Excel でマクロのプログラムを書いて作成方法と実行する方法

Excel にはマクロと呼ばれる自動的に処理を行う機能があり、同じ操作を繰り返す場合はマクロを利用することで数秒で終わらして作業効率を図ることができるため、そのマクロのプログラムして作成する方法と実行する方法について紹介する。

操作を自動化させるマクロとは

Office 製品に搭載されている自動化ツール「マクロ」の概要と VBA、記録型マクロについて掲載しています。

マクロの実行フォーム起動時に指定の文字列を表示

Excelのマクロで表示したフォームに文字列を表示します。

マクロの実行フォームに画像を貼り付ける

Excelのマクロを利用して独自に用意するフォーム(入力欄)に画像を設置。

マクロで表示した実行フォームに閉じるボタンを設置する

Excelのマクロを利用して独自に用意したフォーム(入力欄)を表示した後に閉じるためのボタンを作成。

マクロの実行フォームを作成する

Excelのマクロを利用して独自に入力フォームを作成する方法について掲載しています。

マクロをプログラムするための基本形

Office 製品に搭載され自動化ツールとして利用されるマクロを記述するために必要なモジュールの挿入の仕方とマクロを動作させるために最低限必要な記述内容、及びマクロを記述した後の保存方法について掲載。

[ 1 ]