更新履歴 [2018年12月16日]「正規表現のサンプル集」を追加。

トップページ > Webサイトのメンテナンス > Web標準とは

Web標準とは

Web標準とは、W3Cをはじめとする国際的な標準化団体によって作られたWebサイト作成のガイドラインです。
Web標準が制定された本来の目的は閲覧者に的確に情報を伝えるため、見出しや段落を明確化する構築方法でこれによりアクセシビリティの向上や音声ブラウザとの互換性も出てきます。
この数年でこのWeb標準が注目されはじめたのは、Google、Yahooに代表される検索サイトで上位表示させる手法(SEO対策)と密接に関わっているからです。

検索サイトのシステムは的確に見出し・段落が設定されたサイトを上位に位置付けする傾向にあるため、Webサイトの作成時は"本来のWeb標準"よりは"上位表示のためのWeb標準"を採用している場合が多くなっています。

Webサイトでレイアウトする場合には一つのHTMLの中に伝えるべきコンテンツとテーブルタグを用いて決まった場所に文字や画像を配置したり、行間や空きスペースを確保するために「スペーサーGIF」と呼ばれる透明な画像を配置していましたが、Web標準に準拠したサイトはコンテンツ部分であるHTMLファイルと、レイアウト・デザインを定義するCSS(スタイルシート)に分けられます。

HTML構成図

  • 仮想OS (5)
  • SQL (3)
  • 基礎知識 (2)
  • JavaScript (1)
  • Movable Type (1)