更新履歴 [2018年12月16日]「正規表現のサンプル集」を追加。

トップページ > サイト作成 > テストサーバ構築 > VMware Playerのインストール

VMware Playerのインストール

"VMware"はPCにインストールされているOSとは別に仮想的にOSを複数起動することができ、起動した仮想OSそれぞれにIPアドレスを割り当ててWebアプリケーションを動作させることができるソフトウェアです。

仮想OSを起動するために今回は無償で提供されている"VMware Player"を利用します。

"VMware Player"は公式サイトからダウンロードします。

VMware公式サイト

ダウンロードしたファイル(VMware-player-2.5.1-126130.exe)をダブルクリックするとインストールウィンドウが表示されます。

VMware-player-2.5.1-126130.exe

インストールウィザード

「次へ」をクリックすると使用に関する同意画面が表示されるので、「同意します」にチェックを入れて「OK」を押します。

同意画面

インストールが終了して"VMware Player"を起動するとメイン画面が表示されます。

インストール完了

"VMware Player"をインストールした初期の状態では起動させるOSのデータが無いため、このままだと何もできません。

"VMware Player"は別にOSのデータを入手する必要があり、そのデータは公式サイトからダウンロードするか、自分で"VMware Player"で起動できるように変換したデータを用意します。

  • 仮想OS (5)
  • SQL (3)
  • 基礎知識 (2)
  • JavaScript (1)
  • Movable Type (1)