更新履歴 [2021年09月18日]「Illustrator で図形の塗と線の色を変更する方法」を更新。

トップページ > 基礎知識 > フォント > TrueType と OpenType フォントの違いと選び方

TrueType と OpenType フォントの違いと選び方

フォントには TrueType と OpenType の 2 種類あり、それぞれ特徴が異なるため TrueType と OpenType の違いとどちらを購入すべきかの選び方について紹介する。

TrueType と OpenType フォントの違いと選び方

1. TrueType フォントとは

TrueType フォントとは、フォントのファイルフォーマットの 1 つで Apple 社と Microsoft 社が共同で開発したものである。
OpenType よりも早くに開発されたためシンプルな構成になっており、利用されてきた歴史が長い分 TrueType フォントの利用環境が整っている現場が多い。
しかし、シンプルな構成ゆえに Windows 版と Mac 版の間に互換性が無いのと、Mac 版の印刷現場(DTP)においては解像度の制限等があり Mac OS 主流の印刷会社の場合は TrueType フォントに対応していない場合がある。
フォントの拡張子は .ttf または .ttc となる。

2. OpenType フォントとは

OpenType フォントとは、フォントのファイルフォーマットの 1 つで Adobe 社と Microsoft 社で開発したものである。
TrueType フォントに比べると高度な構成になっており、Windows OS と Mac OS との間に互換性がある。
TrueType フォントから発展しているため、フォーマットの内部は TrueType 形式と PostScript 形式に分けられ、前者の拡張子は TrueType と同じく .ttf または .ttc となり、後者は .otf となっている。

3. TrueType と OpenType の違い

TrueType と OpenType の違いは、内部構造の違いと利用環境に差がある点であり、どちらを選ぶかはフォントをどのように利用するかが基準になる。
一般的なビジネスの用途でプリンタで印刷する程度であれば TrueType と OpenType のどちらを選択しても問題無いが、古いソフトウェアによっては OpenType に対応していない場合があるので注意が必要である。
もし冊子やポスターなど印刷業者に依頼して印刷物として生成する場合は、印刷する機器や取り扱っているソフトウェアによって TrueType と OpenType のどちらかに対応していない場合がある。
また、TrueType の方が構造がシンプルなため販売価格は安価となり、高機能な OpenType の方が高価になる傾向がある。

4. フォントをインストールする方法

フォントをインスールする場合は、各フォントのファイル(.ttf、.ttc、.otf)をダブルクリックすると自動的に OS にインストールされる。
フォント購入時にインストーラーが付属していればインストーラーが複数のフォントを一括してインストールしてくれる。

5. フォントを違う端末に移動する

パソコンのリプレイスなど新しい端末に移行する場合のインストールしたフォントは Windows であれば C:\Windows\Fonts にあるため、このフォルダから移動させたいフォントファイルを右クリックしてコピーすることで、通常のファイルと同じようにデータ移行することができる。

関連記事