トップページ > 基礎知識 > JavaScript > jQueryとは

jQueryとは

JavaScript をより簡単に扱うことができる jQuery は表示しているサイトの操作性を向上させるだけでなく、ブラウザだけで開発できサーバ不要のため開発のしやすさが挙げられるツールです。

jQueryとは

jQuery とは JavaScript のライブラリで jQuery を事前に読み込んでおくことで JavaScript のプログラムが簡単になります。
プログラムルールも JavaScript が基本となり、動作環境はパソコンやスマートフォンのブラウザとなります。

jQueryで何ができる?

JavaScript で実装できる"マウスを乗せると画像が変わる"や"テキストエリアの入力チェック"などはもちろん、プログラムするには行数が多くなりがちな動作も簡単に開発することができます。
主に次の用途に利用されます。

  • HTMLタグを操作する
    • サイト表示時には指定する HTML タグの内容をブラウザが解析してタグに沿った描画を行いますが、DOM(Document Object Model)と呼ばれる HTML を操作する仕様に基づき、jQuery で操作することが可能です。
      例としてはボタンをクリックすると新たなテキストボックスを追加したり、ページをタブ化して切り替えるなどが行えます。
  • アニメーション制御をする
    • ブラウザでのアニメーション表示は一昔前では Flash が担っていましたが JavaScript でも可能です。
      jQuery を用いると画像の配置から回転やフェードイン・フェードアウトなど動作を指定することができます。
  • サーバと通信する
    • ウェブページがサーバと通信してデータを送ったり受け取ったりするためにはページの切り替えや再読み込みが必要ですが、jQuery を利用するとページ全体の読み込みすることなくデータの送受信を行い指定する部分的な箇所のみ受け取ったデータを表示するといったことができます。

jQueryのメリット

jQuery のメリットは主に「ブラウザ依存が無い」と「プラグインで導入が簡単」の2点が挙げられます。
前者の「ブラウザ依存が無い」は JavaScript を導入するデメリットとしてブラウザごとに挙動が変わるので JavaScript に頼りすぎると利用者のブラウザによって不具合を起こすことが多く多用は避けられてきましたが、jQuery を利用すると各種ブラウザの問題を補間してくれるのでブラウザ依存を気にすることなく開発することができます。
また、後者の「プラグインで導入が簡単」は例えば画像をクリックすると画像が拡大されて画面に表示されるなど jQuery を元に作られたさまざまなプログラムがプラグインとして数多く提供されています。
jQuery とプラグインのファイルを読み込み、プラグインのマニュアルに沿って数行のプログラムを書くだけで複雑な動きもすぐに実装できます。

jQueryのデメリット

jQuery を使う上でもちろんデメリットもあり、「処理速度の低下」と「見えない不具合の存在」の2点が挙げられます。
前者の「処理速度の低下」は JavaScript のプログラムを容易にするがためにごく簡単な JavaScript の処理に jQuery を用いると無駄な動作が走って処理または画面表示が遅くなる可能性があります。
また、後者の「見えない不具合の存在」とは読み込む jQuery やプラグインも利用するには簡単ですが、それらの中でどのような動きになっているかはプログラムを解析しないと判明できず、場合によっては不具合が隠れている可能性があります。
悪意あるプラグインを用いた場合は意図せず攻撃者のサーバにデータ通信している場合もあるので採用する jQuery が改編されていないかやプラグインの健全性を確かめる必要があります。

関連記事