更新履歴 [2019年11月04日]「同じテーブルで自己結合して階層扱いにする」を追加。

トップページ > 基礎知識 > SQLとは > レコードを挿入(INSERT)する

レコードを挿入(INSERT)する

データベース内のテーブルにレコードを追加する場合は次のコマンドを実行します。
INSERT文を一度実行するごとに、テーブルには一行追加されます。
列名及びデータが複数ある場合は ,(カンマ)で連結します。
列名[1]に対応する値はデータ[1]、列名[2]に対応する値はデータ[2]となるように順番に記載します。

INSERT INTO テーブル名 (列名[1] , 列名[2] ,・・・) VALUES(データ[1] , データ[2] ,・・・);

テーブルの設定で挿入するデータ型が数値以外の場合はデータの前後を '(シングルクォーテーション)で囲みます。
数値型への挿入は ' は不要です。

INSERT INTO テーブル名 (id , text) VALUES( 1 , 'テキスト');

テーブルの設定で挿入する列が空(NULL)を許可している場合、データには「NULL」と記述することで空を指定します。

INSERT INTO テーブル名 (id , text) VALUES( 1 , NULL);