更新履歴 [2018年07月31日] サーバ構築に「仮想OSの入手」を追加。

トップページ > 基礎知識 > 就業方法

就業方法

サイト作成には最低でもデザインとコーディング(プログラム)のスキルが必要となります。

最近では作成ソフトも充実してきているので、ソフトが使用できれば問題ないという企業もあります。

主にサイト作成を業務内容としている業種は以下の通りです。

  • サイト作成会社
  • 印刷会社
  • デザイン事務所
  • システム会社
  • その他(自社サイト運営のためWeb部門を設けている、または他部署と兼任している場合があります)

「サイト作成」という仕事はさまざまな役割を持ったスタッフが共同で行います。
デザイナーはデザインに特化し、プロデューサーはクライアントとの打ち合わせ・仕事の進捗調整などを行います。
一人で行う場合は企画・デザイン・コーディング・交渉など多くのスキルを持つほど好ましいですが、どうしても自分の力では難しい場合、他社へ部分的に依頼するなどして協力して行います。

  • Webデザイナー(主にデザイン)
  • プログラマー(主にプログラム・サーバ管理)
  • Webディレクター・Webプロデューサー(主に企画・交渉・管理)