Webolve -Webサイト作成サイト / Webクリエイター支援サイト-

  • 基礎知識
  • サイトの作成
  • サーバ構築
  • サイトの公開
  • ソフトの操作
  • 携帯電話関連
  • APIの利用
  • サイトデザイン集
  • 素材集

新着情報[ 2016年09月02日 ] ソフトウェアの操作に「マクロの実行フォームを作成する」を追加。

トップページ -> ソフトウェアの操作 -> マクロをプログラムするための基本形

マクロをプログラムするための基本形

「マクロ」をプログラムするためには記述先となる"モジュール"と呼ばれる器を用意する必要があります。
これは「メモ帳」や「Word」など文章作成ソフトで用途ごとに文章を作り保存するようなものです。

まずはVBエディタ(Visual Basic Editor)を開き、上部メニューの「挿入」より"標準モジュール"を選択します。

挿入よりリストを表示

"標準モジュール"を選択後は[プロジェクト]のツリーに"Module1"が追加され、そのプログラム内容が右部に入力欄として表示されます。

入力欄の表示

入力欄には次のプログラムを記述します。

Option Explicit
Sub Sample_Macro()
End Sub

「Option Explicit」はプログラム内の変数の宣言を強要させる一文です。
変数の宣言は省略することもできますが、型違いによる誤動作やバグ発見の効率化に役立ちます。

「Sub Sample_Macro()」はプロシージャと呼ばれるプログラムの固まりを示し、"Sample_macro"は任意で決めることができます。
ここで決めた文字列がマクロ実行時に表示されるマクロの名称になります。

「Sub Sample_Macro()」はプロシージャと呼ばれるプログラムの固まりを示し、"Sample_macro"は任意で決めることができます。
ここで決めた文字列がマクロ実行時に表示されるマクロの名称になります。
実際にマクロを実行する場合は下図のように表示されます。

マクロの実行

この時点ではまだExcelの保存ができていないため、損失しないように保存しますがその際に通常のExcelの保存ではなく「マクロ実行ブック」を選択します。

ファイル保存の指定