トップページ > Web サイトのメンテナンス > 検索結果で表示されやすくするために SEO 対策を行う

検索結果で表示されやすくするために SEO 対策を行う


[初回公開] 2013年04月26日

インターネット上に公開した Web サイトやブログへアクセスしてもらうためには そのサイトなどの住所となる URL を SNS で告知する以外に、検索サイトの検索結果画面からの誘導は必要不可欠となり、その検索結果の上位に表示されやすくする施策を SEO(Search Engine Optimization)対策と呼ばれています。

SEO とは

SEO とは Search Engine Optimization の略で、Google や bing など検索エンジンで情報を検索した検索結果画面で結果画面の最上部または 1 ページ目といった上位に表示させるためにサイト内の HTML コードを最適化したり、他のサイトからリンクを張る処置のことです。
SEO 対策には主に次の 4 点が挙げられます。

  • HTML コードを最適化する
  • コンテンツのタイトルとキーワードを合わす
  • 外部サイトからのリンク数を増やす
  • 検索サイトに登録する

HTML コードを最適化する

HTML の最適化とは、HTML タグの本来の意味に沿った使い方を行うことで検索エンジンがコンテンツの内容を自動的に解釈して閲覧者に有益な情報かどうかを判断するための骨組みを作ります。
特に見出しとして利用する h1、h2 タグは重要で、あるコンテンツを一文で表す文章を h1 に記載し、それに付随する要所要所の段落を h2、h3 と掘り下げて記載していきます。
また、インターネットが普及し始めた頃はレイアウトを固定化させるために CSS よりも table タグをよく用いられていましたが、table タグは情報を表として整理するのとコンテンツの補足的に用いるのが本来の利用意図のためレイアウトとして table を利用している場合は table 内の情報の価値は下がり、検索エンジンは重要視しなくなります。
これらのように HTML の本来の意味を知り、適切に利用することで検索エンジンが的確に情報分析してコンテンツそれぞれに対して検索結果の上位に出すべきか価値を精査されます。

前述で h1 でコンテンツを一文で表すことに触れましたが、検索エンジンは body タグ内は本文と見なすため body タグ内に記載する h1 も本文という位置付けになります。
そこでよりコンテンツの要約を示すものが title タグになり、こちらも h1 と同等以上に重要となるため h1 と同じまたは類似の一文を記載します。
また、title タグとは関係無い本文を記載してしまうと検索エンジンは「騙している」と認識して SEO としては悪影響を及ぼすため、title タグに記載した文章に沿った本文を掲載するとともに、 title タグに利用した単語は本文中にも何箇所が出るように本文を構成するとより SEO に良い効果を与えます。

HTML を最適化し、掲載しているコンテンツの内容がどれだけすばらしくても他者からの支持が無いと検索エンジンは「需要が無い」「有益で無い」と判断して価値を高く評価しません。
公開しているコンテンツが支持を受けているかどうかは他のサイトからリンクを張られている数やリンクを張ってくれているサイトの評価度に左右されます。
注意点としては他サイトからのリンクは偽装できるできるため、リンク元のサイトが検索エンジンからの評価が高くないと効果がありません。
評価が高いサイトは自治体や企業、団体のサイトが高い傾向にあり、個人が開設サイトやブログでも評価が高いことがあります。
ただ、最近では他サイトからのリンク数が SEO に及ぼす影響は 0% ではないながらも、コンテンツの質の方を重点に検索エンジンは評価しています。

検索サイトは Google や bing などがあり、Google などが所有するインターネット上で公開されているサイトやブログの情報を検索するもので、検索サイトに入力したキーワードにマッチしたサイトを表示する仕組みが検索エンジンとなります。 検索エンジンがサイトの情報を検索する上で利用する情報はインデックスと呼ばれており、インデックスさせるためには自身のサイトやブログの在り処(サイトマップ)を申請するとより早く情報が検索サイトに蓄積されます。

自身のサイトを申請することでロボットと呼ばれるサイトを自動巡回するシステムが申請したサイトやブログを訪れ、HTML の中身を見てインデックス化します。
最近のロボットによる自動巡回はサイト運営者が申請するサイトマップの情報を元にするか、巡回するサイト内にあるリンクを辿って行くため、あるコンテンツのインデックス化を早めたい場合はサイトマップを申請するとともにサイト内リンクを用いてコンテンツへの導線を増やすのが効果的です。

以前は検索サイトに自身のサイトを申請して、検索サイトの運営者が確認して審査が通れば検索結果に表示される登録型でしたが、最近では前述したロボットによる自動巡回型が主となっています。

ロボットに自動巡回してもらうために各検索サイトで申請用のフォームと Web 制作に関するガイドラインが提供されています。
各検索サイトの申請先と申請方法は次の通りです。

関連記事