トップページ > サイト作成 > CMS > Movable Type でウェブページの最新 3 件を表示する方法

Movable Type でウェブページの最新 3 件を表示する方法

Movable Type でブログ記事を公開するとトップページに自動的に一覧表示するようにテンプレートが用意されているが、ウェブページは別途 MT タグをテンプレートに入れる必要があるためトップページなどに最新のウェブページを数量を指定して一覧で表示する方法を紹介する。

Movable Type でウェブページの最新 3 件を表示する方法

1. ウェブページが一覧で表示されない理由

Movable Type でトップページなどで公開したウェブページが一覧で表示されない理由としては、ブログ(記事)を公開するのが目的としているためである。
そのためインストール直後の初期の状態では記事を公開するとトップページやサイドバーに一覧として表示されるようになっている。

しかし、ウェブページの一覧を自動的に表示する機能が備わっていないわけではなく、初期のテンプレートに設定されていないだけなので、MT タグを利用してテンプレートをカスタマイズすることでウェブページも一覧表示させることができる。

2. Movable Type でウェブページの最新 3 件を表示する方法

Movable Type で公開したウェブページを表示する方法はテンプレートに MT タグを挿入することで実現することができる。
今回は公開した新しい順番に 3 件のウェブページを表示する例が次の通りである。

2-1. ウェブページを一覧表示していない様子

下図は Movable Type で公開しているサイトのトップページで、ウェブページを一覧表示していない状態である。
利用するテーマによっては初期状態でも記事を一覧表示できるようになっているため、図においても記事の一覧は表示できているのが確認できる。

ウェブページを一覧表示していない様子

2-2. テンプレートをカスタマイズする

公開したウェブページの最新 3 件を表示するためにはテンプレートをカスタマイズする。
Movable Type の管理画面にログインして左メニューより「デザイン -> テンプレート」を選択してテンプレート一覧を表示する。
次にトップページをカスタマイズするためにテンプレート「インデックスページ」をクリックする。

テンプレート「インデックスページ」をクリック

テンプレート「インデックスページ」をクリックすると HTML タグや MT タグを編集する画面となるため、次のようなタグを追記する。

<mt:Pages lastn="3">
<mt:PagesHeader>
<div class="hfeed">
  <h1>ウェブページ(3件表示)</h1>
</mt:PagesHeader>
  <div class="hpage page" id="page-<$mt:PageID$>">
    <h2 class="page-title"><a rel="bookmark" href="<$mt:PagePermalink$>"><$mt:PageTitle$></a></h2>
  <p><mt:PageBody words="140"></p>
    <ul class="meta">
      <li class="published"><abbr title="<$mt:PageDate format_name="iso8601"$>"><$mt:PageDate format="%b %d, %Y %H:%M" language="en"$></abbr></li>
    </ul>
    <address>
      <span class="vcard author">Posted by: <a class="url fn" href="<$mt:PageAuthorURL$>"><$mt:PageAuthorDisplayName$></a></span> 
      <span class="updated">Last update: <abbr title="<$mt:PageModifiedDate format_name="iso8601"$>"><$mt:PageModifiedDate format="%b %d, %Y %H:%M" language="en"$></abbr></span>
      <span class="email">mailto:<$mt:PageAuthorEmail$></span>
    </address>
  </div>
<mt:PagesFooter>
</div>
</mt:PagesFooter>
</mt:Pages>

追記が終われば保存を行うが、保存しただけでは公開中のサイトに反映されないため、保存後に再構築を行うか、画面下部のボタン「保存と再構築」をクリックしてトップページを再構築する。

2-3. ウェブページを一覧表示した様子

テンプレートをカスタマイズして再構築後にトップページを表示すると下図のようにウェブページの最新 3 件が表示されるようになっているのが確認できる。

ウェブページを一覧表示した様子

今回追加した MT タグはウェブページのタイトルの他、本文や投稿者などの情報も表示するようにしているためウェブページに付帯するさまざまな情報も表に出てきている。
表示させたくない情報があれば、テンプレートに追記した MT タグを修正することで必要な情報だけに絞ることができる。

また、表示する件数は今回は 3 件にしているが、数量を変更したい場合は MT タグの「mt:Pages lastn="3"」の数値を変更すると表示される件数を変更することができる。

3. Movable Type で最新のウェブページを表示するまとめ

Movable Type で最新のウェブページを表示するまとめとしては、テンプレートに MT タグを追記してカスタマイズすることで実現が可能である。

Movable Type で最新のウェブページを表示するまとめ

また、トップページなど一覧表示した際に表示したい情報は MT タグで制御することができる。

関連記事