トップページ > ソフトウェアの操作 > Excel でマクロの開発と VB を記述するエディタとは

Excel でマクロの開発と VB を記述するエディタとは


[初回公開] 2010年03月08日

Microsoft 社の表計算ソフト(Excel)でマクロを開発するためには開発用の特別なソフトは必要無く、マクロを開発する VB エディタが Excel に搭載されているので誰でもマクロの開発を行うことができます。

マクロを開発するためには

Excel にはマクロを実行したり開発する機能が搭載されており、初期状態では上部メニューの「表示 -> マクロ -> マクロの表示」でマクロの一覧を表示させることで実行の他、マクロの新規作成と保存済みのマクロの編集を行うことができます。
よりマクロの開発を効率良く行うためにさまざまな機能がありますが、通常は選択できないようになっています。
これらの機能をつかうためにはまず上部メニューに表示させるため設定を行います。

Excelの初期設定の場合は上部メニューに「ホーム」や「挿入」など 7 つほどのタブが表示されています。

Excel の初期上部メニュー

マクロの開発機能を表示するためには上部メニューより「ファイル -> オプション」を選択すると下図のような設定ウィンドウが表示されます。

Excel のオプション

表示された設定ウィンドウの左メニュー部より「リボンのユーザー設定」をクリックするとさらにリボン(上部メニュー)に表示するものを選択する設定画面が表示されます。
このリボンの設定画面の右欄にある「開発」チェックを入れ、ボタン「OK」をクリックして設定ウィンドウを閉じます。

リボンのカスタマイズ

リボンの設定が完了すると Excel のワークシートに戻り、上部メニューに「開発」タブが追加表示されているのが確認できます。

「開発」タブの表示

VBE とは

Office 製品のマクロは VBA(Visual Basic for Applications)と呼ばれるプログラム言語で開発しますが、プログラムを記述するエディタは VBE (Visual Basic Editor) を利用します。
VBE は前述の「開発」タブを開き、左端にある「Visual Basic」をクリックすると開発用の画面が表示されます。
VBE では VB を基本として記述方法でマクロを開発し、プログラムの他に入力や計算結果を表示するフォーム画面のレイアウトやデザインを行うことができます。

マクロをまだ保存していない Excel ファイルは VBE を表示させても何も記述されていないため、ここからプログラムを記述して求める動作指示をプログラムします。
VBE を終了させる場合は、Excel を保存した後に VBE の右上の×マークをクリックします。

マクロの保存

VBE で開発したマクロは、通常の Excel を保存するのと同様に「名前を付けて保存」で保存することができますが、通常の Excel(Excel ブック)の拡張子が .xlsx に対してマクロ付きの Excel(Excel マクロ有効ブック)は拡張子 .xlsm として保存します。

保存したマクロの実行

保存したマクロは上部メニューの「表示 -> マクロ -> マクロの表示」で表示されるマクロの一覧から実行したいマクロを選択し、一覧ウィンドウの右にあるボタン「実行」をクリックすることでマクロが実行されます。

保存したマクロの編集

保存したマクロは上部メニューの「表示 -> マクロ -> マクロの表示」で表示されるマクロの一覧から編集したいマクロを選択し、一覧ウィンドウの右にあるボタン「編集」をクリックすることで VBE が起動してプログラム済みの内容が表示されます。

VBE の表示

関連記事