更新履歴 [2019年03月31日]「Movable Type 7 のフォルダを作成する手順」を追加。

トップページ > サイト作成 > CMS > Movable Type 7 のデータベースを作成

Movable Type 7 のデータベースを作成

「Movable Type 7」が動作するためには MySQL などデータベースが必要となります。
レンタルサーバ(ホスティング)ではデータベースが利用できる状態の場合がありますが、別途準備したサーバの場合は事前にデータベースをインストールする必要があります。

「Movable Type 7」では標準データベースとして MySQL が推奨されています。
その他利用できるデータベースとしては Oracle、Microsoft SQL Server が対応しています。
SQLite や PostgreSQL は利用できないため、旧バージョンの Movable Type からバージョンアップする際は MySQL へデータ移行する必要があります。

レンタルサーバを利用している場合は各サービス元から提供されている管理画面よりデータベースを作成します。
データベース名は任意で付けることができ、後ほど「Movable Type 7」をインストールする際にデータベース名を入力します。

独自にサーバを立てた場合は MySQL のコマンドを利用してデータベースを作成します。
ここではデータベース名を"mt7"とします。

[root@localhost etc]# mysql -u root -p → MySQL にログイン
Enter password: → 【データベースのパスワード】

mysql> create database mt7; → データベースを作成
mysql> show databases; → データベース一覧を表示
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| mt7 |
| mysql |
| performance_schema |
| sys |
+--------------------+
5 rows in set (0.00 sec)
  • Movable Type (7)
  • 仮想OS (5)
  • SQL (3)
  • 基礎知識 (3)
  • JavaScript (1)