更新履歴 [2019年02月03日]「Movable Type 7 にウェブサイトを構築する」を追加。

トップページ > サイト作成 > CMS > Movable Type 7 にウェブサイトを構築する

Movable Type 7 にウェブサイトを構築する

「Movable Type 7」は複数のウェブサイトとブログを並列に公開して管理することができます。
「Movable Type」の管理画面にログインするとダッシュボードと呼ばれるウェブサイトとブログ全体を管理する機能が表示され、コンテンツや記事を登録したいサイトを選択して運用します。

「Movable Type 7」の管理画面にログインすると下図のようなダッシュボードが表示されます。
「Movable Type」をインストールした直後のウェブサイトもブログも無い状態です。

ダッシュボード

ダッシュボードの左上の「システム」クリックするとシステム画面と左部にメニューが表示されます。

システム

左部メニューの「サイト -> 新規」を選択するとサイトの作成画面が表示されます。

サイトの作成

「サイトテーマ」は Movable Type に入っているテーマ中からウェブサイトの初期デザイン(テンプレート)を選択します。
テーマは後から増やすことができ、ここで選択したテーマも後から修正してデザイン変更が可能です。
ここでは"Eiger"を選択します。

「サイト名」はダッシュボードに表示される名称で任意のものを登録します。

「サイトURL」は実際にブラウザでアクセスする際のパスです。
ここでは「http://【IPアドレスなど】/site/」とします。

「サイトパス」は公開するサイトの HTML などがサーバに設置される場所です。
ここでは「/var/www/html/site」とします。

最後にボタン「サイトの作成」をクリックします。

「Movable Type」はコンテンツやブログの内容はデータベースに保存していますが、公開時にはそのデータを HTML に書き出してサーバの公開ディレクトリに保存します。
その書き出す処理のことを「再構築」と呼びます。
サイトの作成に必要な情報を入れ終わると「再構築」を促すメッセージが表示されます。

再構築してください

「再構築」の前には下図のようなウィンドウが表示されます。
コンテンツの公開後はデザイン変更後に手動で「再構築」する際にも表示されます。

再構築前

「再構築」が問題無く終了すると"完了"が表示されます。

再構築の完了

「再構築」が終了するとウェブサイトは公開状態となります。
サイトの作成時に入力した URL へアクセスすると選択したテーマに沿ったウェブサイトが表示されます。

ウェブサイトの表示

  • Movable Type (5)
  • 仮想OS (5)
  • SQL (3)
  • 基礎知識 (2)
  • JavaScript (1)