Webolve -Webサイト作成サイト / Webクリエイター支援サイト-

  • 基礎知識
  • サイトの作成
  • サーバ構築
  • サイトの公開
  • ソフトの操作
  • 携帯電話関連
  • APIの利用
  • サイトデザイン集
  • 素材集

新着情報[ 2016年09月02日 ] ソフトウェアの操作に「マクロの実行フォームを作成する」を追加。

トップページ -> サイト作成 -> ドキュメントタイプ

ドキュメントタイプ

ドキュメントタイプとは

ドキュメントタイプとは、HTMLファイル内の冒頭<HTML>タグの前に記述される<!DOCTYPE>のことです。
ここにHTMLのバージョンを記載することでそのバージョンに適したタグを記載することを定義します。
ドキュメントタイプを指定することで使用するタグに注意しなければなりませんが、異なるブラウザ・新しいブラウザが公開されてもレイアウトが崩れることなく表示されます。

また、HTMLタグだけでなくCSSも大きな影響を受けます。

ドキュメントタイプの例

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
  • HTML 4.01に準拠し、古いバージョンのタグは使用できない。


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
  • HTML 4.01に準拠し、フレーム以外の古いバージョンのタグが使用できる。


<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
  • HTML 4.01に準拠し、フレームを含めた古いバージョンのタグ全てが使用できる。


<?xml version="1.0" encoding="shift_jis"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
  • XHTML 1.0に準拠し、古いバージョンのタグは使用できない。