更新履歴 [2018年09月24日]「仮想マシンの作成とisoファイルのアップロード」を追加。

トップページ > 自宅や外出先の空き時間で収入を得る

自宅や外出先の空き時間で収入を得る

収入を得るためには就業やアルバイトという手段がありますが時間と場所が拘束されるので本業の片手間や掛け持ちで行うのは難しいことが多いです。
しかし、時間と場所に拘束されることなく収入を得る方法があり、それはパソコンやスマートフォンなど日頃インターネットに接続して使っている機器で実現できます。

収入を得る手段は会員登録してアンケートに答えるだけのものから、Webサイトを公開してその中に広告を掲載するもの、絵やモノを作って販売したり、インターネット上で発注者を見つけてプログラム等の仕事を行うなど簡単なものから専門知識を有する高度なものがあります。
下表は実際に収入を得ることができたものを難易度別にまとめたものです。

難易度 名称 内容 収入目安
極簡単 リサーチモニター 会員登録して不定期に配信されるアンケートに答えるとポイントが貯まる。 ポイントは換金または商品券で配布される。
アンケート1問で2~3円ほど。
半年で5,000円ほど得られる。
簡単 ポイントサイト 会員登録してポイントサイト経由で商品購入や資料請求を行うとポイントが貯まる。 ポイントは換金や他サイトのポイントに交換できる。
サイト内のゲームでわずかにポイントを貯めれるが、それだけだと5年かかって5,000円ほど得られる。
やや中 素材販売 会員登録して写真やイラストを販売する。 価格は自分で決められるものが多いが、作品1点につき200円から500円ほど。
アフィリエイト 無料ブログやWebサイトを公開し、その中に広告を貼り付けて報酬を得る。 広告をクリックするだけのタイプは数円から数十円、広告をクリックして商品が購入して報酬が確定するタイプは数千円のものがある。
広告をクリックするだけのタイプであれば月に1,000円から2,000円ほど得られる。
案件受注 小型案件を取り扱う仲介サイトに登録して実際に仕事を受注するもの。 イラストを描くものやプログラムなどがあり、案件内容により差があるが数万円から数十万円規模となる。

基本的に特別何かを購入する必要はありません。
日頃使っているインターネットに接続する利用料だけで可能です。
もちろん多くの収入を比較的短い期間で得るためにはそれなりに時間と費用が必要になります。

リサーチモニターとポイントサイト以外では専門の知識が必要になります。
ここで必要な知識は「Webサイトの作成方法」「ネットワークの仕組み」の基本的なことと、「文章力」と「画像編集」があれば尚良いです。

アフィリエイトで収入を得るまでの流れは次の通りです。
 1. Webサイトを用意する
 2. 報酬振込先の銀行を用意する
 3. アフィリエイトサイトに登録する
 4. 広告主と提携する
 5. 広告をWebサイトに貼り付けて公開する
 6. 閲覧者が広告をクリックする、もしくはそれ経由で商品購入する
 7. 後日、報酬が銀行に振り込まれる

  • 仮想OS (4)
  • JavaScript (1)