更新履歴 [2020年05月11日]「Photoshopで特定の色を削除または透明化する」を追加。

トップページ > ソフトウェアの操作 > Photoshopで特定の色を削除または透明化する

Photoshopで特定の色を削除または透明化する

Photoshop でキャンパスに配置した図形や読み込んだ画像内の特定の色を削除したり、透明化する場合の手順を紹介します。
色を削除すると切り抜かれた状態となるためキャンバスの背景色の色が表示されるようになり、もし背景色を透明にしている場合は背面に画像等を配置することで合成することができます。

変更したい画像を読み込む

Photoshop が起動したら色を変えたい画像を読み込みます。
今回は背景が緑で図形が白色の2色の図形を用いて、図形部となる白色の箇所を削除します。
下図は画像を読み込んだ状態です。

画像の読み込み

自動選択ツールで色を選択する

削除したい色を簡単に選択するためにツールバーの「自動選択ツール(ステッキ型のアイコン)」を選択します。

自動選択ツールの選択

「自動選択ツール」を選択した状態になるとマウスカーソルもステッキ状になり、その状態で削除したい色をクリックします。
「自動選択ツール」は色の境界線に沿って選択されるため、今回利用している図形のように白色の箇所が複数に点在している場合は Shift キーを押しながらクリックすると複数個所を選択することができます。

選択した色を削除する

削除したい色を選択できれば、BackSpace キーを押下すると選択した色が削除されます。
下図は「自動選択ツール」で複数個所選択して削除した状態です。

複数個所を選択

背景を消す場合は反転させる

今回は白色の箇所を選択して削除しましたが、反対に背景色を削除したい場合は背景色を「自動選択ツール」で選択するか、白色の箇所を選択した状態で上部メニューの「選択範囲 -> 選択範囲を反転」とすることで背景が選択された状態になります。

選択範囲を反転