トップページ > ソフトウェアの操作 > Illustrator でデザインを崩さないために文字をアウトラインする方法

Illustrator でデザインを崩さないために文字をアウトラインする方法

Illustrator で作成したデータを印刷すると設定したフォントが変わるのを防止したり、業者に印刷を依頼する場合は必ず実施する文字のアウトラインの必要性とアウトラインする方法について紹介する。

Illustrator でデザインを崩さないために文字をアウトラインする方法

1. Illustrator で文字をアウトラインにする必要性

Illustrator はイラストを絵画したり印刷物の原稿を作成するのによく利用されるが、印刷所で大量印刷したり複数人の異なるパソコンで同じ Illustrator ファイルを編集する場合に文字に指定したフォントが変わることがある。

フォントが異なると見た目が変わるだけでなく、その文字周辺のレイアウトも崩れることからフォントが入れ替わらないようにアウトラインの処理を用いる。
特に印刷会社など印刷する現場では紙に印刷する前に必ず文字はアウトラインするルールが徹底されている。

2. アウトラインとは

アウトライン(Outline)とは、編集可能なテキスト文字を図形化することである。
文字が図形化することでパスが生成されるともに、Illustrator を開く環境が異なっても同じ状態を保つことができる。

3. アウトラインするメリット

文字をアウトラインするメリットには「環境による変化を防ぐ」と「装飾の容易さ」の 2 点が挙げられる。
1 つ目の「環境による変化を防ぐ」とは、Illustrator ファイルを開くパソコンにより利用しているフォントがインストールされていなければ代替えのフォントに自動的に入れ替わったり、同じフォントがインストールされていても OS のバージョンによっては体裁が変わるのを防ぐことができる。

2 つ目の「装飾の容易さ」とは、文字をアウトラインすることで図形と同じ扱いになるため塗りのグラデーションやグローといった見た目の装飾がしやすくなる。
また、パスが生成されるのでパスを操作してオリジナルの字体に変えてデザイン性を向上させることができる。

反面、デメリットもあり一度アウトラインした文字は元に戻すことができないため、表記する文章を変更したい場合や誤字があると容易には変更できない。
そのため、アウトラインした後に文字の変更ができるようにアウトラインする前の Illustrator ファイルをコピーしてバックアップしておけば、文字を変更して再度アウトラインすることで文字の変更に対応できる。

4. Illustrator で文字をアウトラインする方法

Illustrator で文字をアウトラインする方法としては、まずキャンバス上にテキストツールで下図のように文字を配置する。

キャンバスに文字を配置

次に配置した文字を右クリックして表示されたメニューの中から「アウトラインを作成」を選択する。

「アウトラインを作成」を選択

「アウトラインを作成」を選択すると下図のように図形と同じようにパスに変化したのが確認できる。

文字をアウトラインにした様子

キャンバス上の文字を一括でアウトラインにはできないため、文字がある箇所は一つずつ選択してアウトラインの処理を実施する。

5. Illustrator で文字をアウトラインするまとめ

Illustrator で文字をアウトラインするまとめとしては、キャンバスに配置した文字が不用意に変わりデザインも変わってしまうことを防ぐことが目的で、印刷現場のデザイナーは必ず行っている作業である。

Illustrator で文字をアウトラインするまとめ

文字をアウトラインにする方法はマウス操作を数回行うだけで可能なので手間はあまりかからず、アウトラインにした後は装飾を行うことができデザイン性が上がるメリットもある。

関連記事