トップページ > ソフトウェアの操作 > Photoshop でファイルをタブまたはウィンドウで開く設定を切り替える方法

Photoshop でファイルをタブまたはウィンドウで開く設定を切り替える方法

Photoshop で画像や写真といった各ドキュメントを開く場合、タブで操作するウィンドウで操作するかを切り替えることができ、タブとウィンドウのそれぞれで操作感に違いがあるのでその特徴と切替方法を紹介する。

ドキュメントをタブで開いた場合の特徴

ドキュメントをタブで開いた場合の様子

Photoshop で写真や画像などドキュメントをタブで開くと上図のように Photoshop のコンソール内に組み込まれ、複数のドキュメントを開くとブラウザのタブのようにドキュメントのタイトルが横並びで表示される。
タブでドキュメントを開いた場合はキャンバス全てをドキュメントの表示に充てることができるため、表示箇所をできるだけ大きく作業したい場合に適している。
反面、表示できるドキュメントは一つだけとなるため他のドキュメントを比較しながら Photoshop を操作することができなくなる。

ドキュメントをウィンドウで開いた場合の特

ドキュメントをウィンドウで開いた場合の様子

Photoshop で写真や画像などドキュメントをウィンドウで開くと上図のように Photoshop のコンソールから独立した浮いた状態でドキュメントが表示される。
Photoshop の表示サイズに関わらず、好きな場所にウィンドウを配置できるので複数のドキュメントを開いている場合は比較参照しながら Photoshop の操作を行うことができる。
ウィンドウ化した場合のデメリットとしては、Photoshop のツールやヒストリーなどの機能ウィンドウとドキュメントウィンドウが分離しているため、機能を使い分けながら作業したい場合に操作しづらいことがある。

ドキュメントをタブとウィンドウのどちらで開くかを切り替える設定

Photoshop で開くドキュメントをタブとするか、またはウィンドウとするかは開いたドキュメントを Photoshop の上部メニューに吸着させるようにマウスで移動させるとタブ化され、反対に上部メニューからドキュメントを遠ざけるとウィンドウとして独立化される。

編集->環境設定->インターフェイス

ドキュメントを開いた時点でタブかウィンドウかどちらかに固定させたい場合は、Photoshop の上部ネニューから「編集 -> 環境設定 -> インターフェイス」を選択して環境設定のウィンドウを表示させる。

タブでドキュメントを開く

環境設定のウィンドウが開けば、項目「オプション」内にある「タブでドキュメントを開く」にチェックを入れるとドキュメントを開くと自動的にタブで表示するようになる。

関連記事