更新履歴 [2022年06月25日]「Wordpress で固定ページを作る方法と使い分け」を更新。

トップページ > ソフトウェアの操作 > Photoshop で塗りつぶしツールを利用して色を変更する方法

Photoshop で塗りつぶしツールを利用して色を変更する方法


[初回公開] 2019年08月11日

Photoshop の機能である塗りつぶしツールでキャンバス上の図形や写真などの塗りを瞬時に違う色に塗り替えたり、塗り替える範囲を選択して色を変更する方法について解説する。

Photoshop で塗りつぶしツールを利用して色を変更する方法

1. 塗りつぶしツールとは

Photoshop に搭載されている塗りつぶしツールとは、予め塗り替えたい色を指定しておき、キャンバス上でマウスでクリックした箇所が瞬時に指定した色に置き換わる機能である。
下図のように塗つぶしツールが選択された状態はパターンや不透明度の設定ができるバーが表示され、単色のベタ塗りだけでなく、柄模様やオーバーレイを利用した塗りを適用することができる。

塗りつぶしツールを選択した状態

2. 範囲を指定せずに色を塗り替える方法

Photoshop の塗りつぶしツールを範囲を指定せずに色を置き換える場合は、ソフトが自動的に色の境界線や透明・不透明の境界を判断して色が変わる。
例えば下図のイラストで赤枠の箇所を塗りつぶしツールで色を置き換える。

色を置き換えるイラストを用意

次にツールバーの塗りのアイコンをクリックしてカラーピッカーを表示し、塗り後の色を選択してボタン「OK」をクリックする。
ツールバーが表示されていない場合は上部メニューより「ウィンドウ -> ツール」を選択するとツールバーが表示される。

カラーピッカーで色を選択

また、カラーピッカーは上部メニューの「ウィンドウ -> カラー」を開いても表示することができる。
色の指定は RGB で値を入力する他、ウィンドウ内の左側にある○アイコンをドラッグしてするマウス操作でも色の指定が可能である。
置き換え後の色を指定できれば、同じくツールバーにあるバケツのアイコンをクリックして「塗りつぶしツール」を選択する。

塗りつぶしツールを選択

最後に色を変更した箇所をマウスでクリックすると置き換かわる。
今回であればクリックした箇所の色が不透明部分に囲まれていたため、それが境界線となり部分的に色が置き換わったのが確認できる。

塗りつぶしツールで色を置き換えた後の状態

この時、色と色の境界がくっきりしているほど色の置き換えが行いやすくなる。
また、塗りつぶしツールを選択しても色が変わらない場合は、上部メニューより「ウィンドウ -> レイヤー」を開いて Photoshop で開いているイラストや写真があるレイヤーを右クリックして「レイヤーをラスタライズ」を選択することで編集可能な状態になり、色を置き換えることができる。

3. 塗り替える範囲を指定して色を変える方法

塗りつぶしツールをツールバーから選択してそのまま利用するとソフトが自動的に色の境界線を判断して色の置き換えを行ってくれるが、自身で置き換えたい箇所を指定することもできる。

選択範囲を指定して塗りつぶしツールを利用した後の状態

上図のようにツールバーにある選択ツールで色を置き換えたい箇所を指定した後に塗りつぶしツールを選択して選択箇所をマウスでクリックすると、選択範囲のみ色の置き換えを行うことができる。

関連記事