Webolve -Webサイト作成サイト / Webクリエイター支援サイト-

  • 基礎知識
  • サイトの作成
  • サーバ構築
  • サイトの公開
  • ソフトの操作
  • 携帯電話関連
  • APIの利用
  • サイトデザイン集
  • 素材集

新着情報[ 2016年09月02日 ] ソフトウェアの操作に「マクロの実行フォームを作成する」を追加。

トップページ -> サイト公開 -> サーバへの転送

サーバへの転送

サイトを公開する最後の作業に、サーバへの転送(FTP、またはアップ作業)が必要です。

無料のホームページ領域や、ホスティングの機能によってはブラウザ上からデータを送ることができます。

しかし、FTPソフトでデータを転送する方法が一般的です。

さまざまなFTPソフトの中で、「FFFTP」を利用します。

(1)「FFFTP」をダウンロード

「FFFTP」の公式サイトよりソフトをダウンロードします。無料で配布されています。

->FFFTP

(2)インストール

ffftp-1.92a.exe

ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストールを開始します。

画面に従って、ソフトの保存先等を設定していきます。

インストール画面

(3)接続先の一覧表示

ホスト一覧

ソフトを起動して接続するサーバの設定を行います。

接続先は複数登録することが可能です。

「新規ホスト」を選択します。

(4)接続先の設定

サーバ契約(登録時)に伝えられている情報を入力して「OK」ボタンを押します。

  • ホストの設定名:ホストの一覧表示したときの名称。好きな名前をつけることができます。
  • ホスト名:接続するサーバ(www等ではじまるもの)を入力します
  • ユーザ名:伝えられているユーザ名を入力します。
  • パスワード:伝えられているパスワードを入力します。

(5)サーバへ接続

接続先の状態

設定完了後、接続するとサーバにあるファイル一覧が右の欄に表示されます。

ここへ作成したサイトを設置することでブラウザから見ることができます。