トップページ > Web サイトの作成方法と作成にまつわる TIPS > CMS > Wordpress > Wordpress で固定ページを作る方法と使い分け

Wordpress で固定ページを作る方法と使い分け

Wordpress は通常の投稿記事とは別に固定ページと呼ばれるコンテンツをインターネット上に公開することができ、その固定ページの作成方法と投稿記事との違いについて紹介する。

Wordpress で XML や CSV で記事をエクスポートする方法

1. Wordpress の固定ページとは

Wordpress の固定ページとは、通常の投稿記事と同じようにインターネット上に公開できるコンテンツのことである。
固定ページを作成する場合は投稿記事と同じようにタイトルと本文を入力するだけで公開が可能で、Wordpress の投稿記事作成の画面と同様である。

2. Wordpress の投稿記事と固定ページの違い

Wordpress の投稿記事と固定ページの違いは、「一覧に表示されない」と「カテゴリーに属さない」の 2 点が挙げられる。
通常の投稿記事あればトップページなどで記事一覧としても表示されるが、固定ページは一覧に表示されない。
また、新規作成時にカテゴリーとタグの設定が無いため、カテゴリーに属さない単独のページとして公開することができる。

固定ページの活用例としては、会社概要やプライバシーポリシーといった内容と階層があまり変わらないコンテンツに利用されることが多い。

3. Wordpress で固定ページを作成する方法

Wordpress で固定ページを作成する方法としては、管理画面の左メニューにある「固定ページ」より作成することができる。
固定ページ作成後は、一覧として管理することも可能である。

3-1. 固定ページの新規追加画面を表示する

固定ページを作成するためには Wordpress の管理画面の左メニューより「固定ページ -> 新規追加」を選択する。

「固定ページ -> 新規追加」を選択

「新規追加」を選択すると下図のように固定ページのタイトルや本文を入力する画面が表示される。
図ではビジュアルエディターのモードになっているが、直接 HTML タグを入力したい場合は画面右上の設定アイコンをクリックしてコードエディターに切り替えるとよい。

固定ページの作成画面の様子

3-2. 固定ページのパーマリンクを変更する

タイトルと本文を入力すれば固定ページとしてすぐに公開できるが、ページの URL となるパーマリンクを指定する場合は、画面右側にある「パーマリンク -> URL スラッグ」を任意の文字列に変更することで、その文字列が URL になる。

URL スラッグを任意の文字列に変更

URL スラッグを変更するとその下部にある実際の URL の状態も変更されるので、固定ページのパスを確認するのに利用するとよい。

URL スラッグを変更した後の状態

4. 既に同じパーマリンクに HTML ファイルがある場合の挙動

固定ページに設定したパーマリンクと同じサーバの階層に既に HTML ファイルがある場合は、Wordpress の固定ページではなく、サーバにある HTML ファイルが優先して表示される。
そのため、固定ページを公開しても違うページが表示される場合はサーバに不要なファイルが無いか確認する必要がある。

5. Wordpess の固定ページ作成のまとめ

Wordpress の固定ページ作成のまとめとしては、一覧やカテゴリーに左右されずにウェブページを公開したい場合に利用する。
固定ページの作成にあたっては、通常の投稿記事とほぼ同じ作成画面となっている。

Wordpress の固定ページ作成のまとめ

また、固定ページと同じパーマリンクに既に HTML ファイルがあれば HTML ファイルの方が優先して表示される。

関連記事