Webolve -Webサイト作成サイト / Webクリエイター支援サイト-

  • 基礎知識
  • サイトの作成
  • サーバ構築
  • サイトの公開
  • ソフトの操作
  • 携帯電話関連
  • APIの利用
  • サイトデザイン集
  • 素材集

新着情報[ 2016年09月02日 ] ソフトウェアの操作に「マクロの実行フォームを作成する」を追加。

トップページ -> サイト作成

サイト作成

準備するもの

文字だけのサイトであれば、メモ帳などのテキストエディタだけで十分です。

しかし、画像やアニメーションするコンテンツにするには作成ソフトが別途必要になります。

  • テキストエディタ(メモ帳など)もしくはサイト作成ソフト(GoLive、Dreamweaverなど)
  • 画像作成ソフト(Illustrator、Fireworksなど)
  • FTPソフト

スタイルシートの利用

HTMLでは表現できない細かな設定が可能になります。

サイト作成ソフトを使う

サイト作成ソフトを利用すれば、HTMLの知識を有することもなくサーバに転送することも可能になります。

テストサーバの構築

PerlやPHPなど、プログラムを行う場合は実際に公開するサーバで使用するサーバとは別に同じような環境のテストサーバで確認するのが好ましいです。

デシマルコード変換

デシマルコードは、通常の"abcd"といった文字列を"abcd"という形に変換し、これをHTML内に明記するものです。
ブラウザ上では正確に"abcd"と表示されます。

一見使い道が無いデシマルコードですが、サイトから自動的にメールアドレスを抽出してスパムメールを送りつけるプログラム等には有効です。

サイト内検索

サイト内検索を設けることで膨大なコンテンツ内から閲覧者は見たい情報だけを探すことができ、サイト管理者も点在するコンテンツの在りかを閲覧者に伝える手段として活用されます。
サイト内検索の設置には無料で簡単に利用できるものから、費用が必要なもの、サーバの知識が必要なものなどさまざまな種類があります。

ドキュメントタイプ

ドキュメントタイプとは、HTMLファイル内の冒頭<HTML>タグの前に記述される<!DOCTYPE>のことです。
ここにHTMLのバージョンを記載することでそのバージョンに適したタグを記載することを定義します。

ライブラリの利用

Webサイトで利用するJavaScriptやCSSは製作者自身がプログラム・コーディングしたり、作成ソフトから自動生成されるものの他に、無料・有料で配布されているライブラリを利用することもあります。
ライブラリの利用で制作効率を上げるだけでなく、高度な技術をWebサイトに施すことができます。